原稿がまだ完成していなくてもOK!
メールアドレスだけで今すぐ利用できます

MyISBNは紙の本を4,980円の費用だけで出版できるサービスです

MyISBNは紙の本を4,980円の費用だけで出版できるサービスです

MyISBNについて詳しく見る

1自分で本を出版したい方

PDFなどのデジタルデータがあれば、紙の書籍がたった4,980円のみで出版できるのがMyISBNです。
一般的には出版には数十万から百万円以上ものお金がかかると言われていますが、MyISBNは編集やデザインなどを著者ご自身でしていただく代わりに、4,980円という業界最安値の価格での出版を可能としました。

2Kindleで本を出版したい方

Kindleは電子書籍によって出版を手軽なものにしました。ただ、ものとして残る紙の本も出したいとは思いませんか?電子書籍リーダーを持っていない読者へも届ける事ができるのは紙の本にしかできないことです。
より多くの読者に本を読んでもらうためには電子書籍(Kindle)と紙の本(MyISBN)の2つのフォーマットで出版するのが最適です。

3本を1冊から作りたい方

紙の本を出版するにあたり、問題になるのが在庫です。書籍を出版社に頼むと最低100冊とか1,000冊とか本の印刷をしなければなりません。そして、その費用を自分で負担しさらには在庫として持って置かなければならない。本が売れて1冊あたり10%の印税をもらったとしても利益を生み出すのはかなり先です。
MyISBNでは、アマゾンの書店専用のサービスであるプリントオンデマンド技術のサービスを用い、アマゾンで注文があってから1冊づつ印刷をします。よって、在庫を持つ必要がない画期的なサービスです。その結果、1冊目から利益を出すことができるのです。

4出版社を通さずに販売したい方

いい出版社と出会うのはとても難しいです。本を出しませんか?と勧誘してくるところはありますが、取材から編集、製本、出版まで650万円〜950万円とか見積もりが出てきます。
また、従来の出版社だと、売れそうにないと判断された本は出版してもらえません。また、編集が入る事で著者の主張したい事が十分に書けないこともあります。好きな事を好きなだけ書くのは編集などが入らないMyISBNだからこそです。

5Amazonで本を(紙)販売したい方

本屋さんに本をおいてもらっても、多くの方にはその存在を知ってもらう事はできません。Amazonはただの販売ルートではなく、認知度を高めるためにも重要です。探している人に確実に届きます。
さらにMyISBNではプリントオンデマンド技術を用いているため、在庫切れがなく、一生販売し続けることができ、販売機会を逃す事はありません。

6紙の本か電子書籍かで悩んでいる方

悩む理由はなんでしょうか? 費用でしょうか?
技術的なものでしょうか? 悩むよりも両方ともするのはいかがですか!
MyISBNで紙の本を出版するのはとても簡単です。
WordやPowerPointなどの一般的なソフトがあれば家庭のコンピューターで簡単に本のデータを作ることができます。設定のマニュアルや本のひな形もあるので悩むこともありません。
費用もたった4,980円です。1冊から出版できます。
電子書籍を作るためのソフトウェアや解説書を買って試行錯誤するよりも、手軽で安いと思いませんか?
まずは紙の本から出版を始めて、その次に電子書籍を出版し、連動させるのが一番良いと思います。

MyISBNはこんなサービスです

MyISBNは世界初のサービス!たった一冊から紙の本が作れます。

デジタルデータがあれば書籍が5分でできる

必要なものはPDFデータのみ。Wordで本文をつくり、PowerPointで表紙を作れます。
PCで作られたデータをPDFで保存してMyISBNで登録するだけで完了。
出版された本はAmazonや書店で注文が入った時に印刷され、読者の元へ配送されます。

1冊から紙の本を作る事ができる

MyISBNでは、全ての本を読者からの注文を受けてから印刷します。
そのため、書籍の売上毎に印刷費をまかなうことができ、著者が印刷費を負担することはありません
在庫のリスクを持たないことで、本の品質を高めることや、広報活動に集中することができます。

ISBN(国際標準図書番号)が交付される

ISBN(国際標準図書番号)とは本に付与される国際規格の番号です。
MyISBNを運営する当社デザインエッグ株式会社は出版社としての認可を受けております。
よって、このISBNを本につけることができます。
そのため、MyISBNで出版された全ての書籍にISBNが付与されます
ISBNが付与された全ての書籍はデータベースに保存され、世界の資産として未来に残されます。

Kindleと併用して売上アップができる

Kindle(KDP)で電子書籍として出版することを決めた方は、紙の書籍を出そうとは思いません。なぜなら、KDPのすばらしいシステムを知ると紙の出版がナンセンスに感じるからです。しかし、せっかくKDPのデジタルデータがあるなら、MyISBNを使って紙の書籍も出すと、相乗効果でKDPの本も売れやすくなります
出版電子書籍をかう時、紙の本より安いとお得な気がしませんか?
紙の本を出版すると、Kindle本と紙の本の価格が並んで表示される様になります。
もし電子書籍しか出してない場合、他の安い電子書籍と価格を比べられてしまうでしょう。
紙の本とKindle本が並んでいれば、安くて手軽なKindle本と、ものとして残る紙の本から読者は選ぶことができます。
読者の選択肢を増やし、他の書籍と比べられない様にすることは電子書籍を売っていく上で非常に重要です。

Amazonや全国の書店で本を買うことができる

MyISBNで出版された本は、Amazonだけでなく、全国の書店で本を買うことができます。

MyISBNの本の印刷、製本、出版にはAmazonのオンデマンドサービスを活用しています。
Amazonのオンデマンドサービス技術は、本の受注→印刷→配送までの流れがスムーズなので、ユーザーが注文すると2日程度で本が届きます。これは在庫を持って販売している本と変わらない早さです。
もちろん受注生産のため、何冊売れても在庫切れはありません。

また、Amazonだけでなく全国の書店でも本を買うことができます。インターネットでものを買うのが苦手な方も、全国の書店で本を取り寄せてもらって本を購入することができます。

Amazonで販売する事ができる。

書籍を販売する上でAmazonで売ることはとても重要です。
本屋さんに置かれた新刊本の殆どは数週間で店頭から姿を消しますが、Amazonではそういったことはありません。いつでも読者の要望に答えてあなたの本を販売してくれます。

印刷費ゼロ、登録費用4,980円のみで出版できる

出版に必要な費用は4,980円のみ。他に費用は一切不要です。
MyISBNから本を出版すると、デザインエッグのISBNが割り振られ、紙の本がAmazonからの注文や全国の書店からの注文にも1冊から受注、印刷、製本、配送されるシステムが利用できます。
また本の価格も自由に決めることができます。
受注生産で本を作るため、印刷費を著者が負担することもありません。
さらに、販売数に応じて10%の印税が支払われます。1冊2,000円の本であれば、1冊目から200円の印税がはいり1冊目から利益を受け取ることが出来ます。また、初期費用である4,980円も、たった25冊で出版費用の元を取ることができます。

大切な本には、MyCoverでこだわりの表紙を。

本の表紙をデザイナーが作ります

大切な本は、表紙も大切につくりたい。本を書いたけれど、表紙のデザインができない。そんな方にピッタリのサービスです。

テンプレートから好きなデザインを選び、本のタイトルや、サイズなどを入力。デザイナーから、あなたの本の表紙デザインが送られてきます。

詳しくはこちら

メディア掲載実績

CNET Japan
頭ん中
スマビ総研
DNA
紙業タイムズ
ネタフル