電子書籍や自費出版とMyISBNの出版方法の比較

電子書籍 自費出版 MyISBN
本の形態 電子書籍 紙の本 紙の本
在庫 持たなくて良い 数百冊必要 持たなくて良い
初期費用 低い 数十万円〜と高額 4,980円のみ
修正 簡単 在庫が切れるまで修正できない 簡単
販売方法 Amazonなどのストアで販売 手売り Amazonの他、全国の書店で購入可能

電子書籍の特徴

費用をとにかく抑えたい方におすすめの出版方法です。
データを作るのはとても難しいですが、すべての作業を自分でした場合は、0円で出版も可能です。
ただし、電子書籍ファイルを作るために必要なソフトウェアは別途購入する必要があり、場合によってはPCの買い替えが必要な場合もあります。

現在の日本では、電子書籍の買い方も読み方も知らない方がまだまだ多くおり、読者数はあまり多くはありません。
また、電子書籍の売上の8割は漫画ですので、漫画以外の作品はあまり売れない傾向にあります。

ITについての多くの知識が必要となってくる出版方法です。

自費出版の特徴

多くの費用がかかっても問題ない方へおすすめの出版方法です。
数十万円から数百万円の費用がかかりますが、打ち合わせから出版までをサポートしてもらえます。

ただ、印刷された本の多くは著者様の元に送られ、著者様自らが本を売る必要があります。
個人で書籍を売るのはとても難しいので、往々にして在庫を持て余してしまう傾向があります。

金額が高額なため、詐欺が多いのもこの自費出版です。
「○冊本が売れればすぐに元が取れる」という考えではなく、無理のない予算内で出版する必要があります。
とにかくお金がかかるのが自費出版という出版方法です。

MyISBNの特徴

小さな金額で紙の本を出版したい方へおすすめの出版方法です。
著者様で作成された原稿をMyISBNからアップロードしていただくだけで出版手続きが完了します。
凄く手軽に紙の本を出版することができるのがMyISBNです。

PCを用いて原稿を作る必要がありますが、Wordの雛形がありますので、基本的には文字を入力するのみです。

出版された書籍はAmazonや全国の書店で購入することができますので、大学などの教科書を出版する方などもおられます。
参考:日経MJ「自費出版本 書店で販売」

MyISBNが紙の本を安くで出版できる理由

MyISBNはIT企業であるデザインエッグ株式会社が開発した紙の書籍の出版サービスです。
従来は数千部単位でしか作ることができなかった本を1冊から作ることができる技術を用い、
紙の本を在庫を持たずに出版できるサービスを日本で初めて実現しました。

また、ITシステムによって印刷・物流・販売までの効率化を実現したことによって、
本来大金が必要な出版を安価に提供できるようになりました。

※MyISBNはユーザーアカウント(無料)があれば誰でも本を出版することができます

MyISBNで紙の本を出版してみる